木のマンションリノベーション 都島 大阪 マンション リフォーム | 大阪市住吉区でお客さまとコミュニケーションを深く図る工務店「藏家」

いぐらぶろぐ

大阪市都島区A様邸木のマンションリノベーション工事20171014

2017.10.14カテゴリ|木のマンション リノベーション,施工現場レポート,都島区A様邸


家脛(いえはぎ)の中島です。
10/14までの大阪市A様邸木のマンションリノベーション工事は

解体工事完了

大工工事着工・墨出

荷揚げ搬入

設備床下逃げ

解体後現場確認・打合せ

断熱改修

 

です。

解体工事が完了して
コウンクリートの箱になりました~

 

 

 

 

あ~

 

 

声が

 

 

すごく

 

 

響くよ

 

 

そんなことを、一人で

してませんよ!

 

大工工事着工します~

 

 

墨出から始めますっ

 

 

図面の寸法を現場に写し込んでいき

 

 

図面と現場の誤差を確認していきます。

 

 

このタイミングで、しっかり把握しておかないと

あとあと、困るので

 

大工さんも真剣です。

 

 

乾式二重床などの搬入を行いますっ

 

 

桧のチップをセメントで固めた

このパネルは、想像通りの重さなので

荷揚げプロにお願いして、マンション5階の現場へ搬入です。

いつもの、竹村工業さんのジャストフロアーです。

 

 

電気配線の整理や、配線ルートの確認もしておきます。

 

 

 

 

 

ガスの床下配管工事や

 

 

水道の床下配管工事も

 

 

当然のことながら、二重床より先に行います~

 

 

出来るだけ、現場に対して

直行・並行に配管してもらいます。

 

 

 

 

お施主さんと設計のマスタープランさんと家頭の居藏とで
解体後の確認打合せを行いました。

 

 

 

 

現場での図面説明がわかりやすいみたいですね~

 

 

断熱改修も進めていきま~す。

 

 

もともと断熱材裏打ちボードが張られていたのですが、
全て撤去して、新たに3種Bのスタイロフォームで断熱改修を行います。

 

建物側にボンドを塗布して。

 

 

スタイロフォーム側にもボンドを塗布して

オープンタイムをとって

 

しっかりと圧着していきます

を繰り返していきますっ
藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉やじゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP