藏家(くらや)は、大阪市住吉区で『お客さまとコミュニケーションを深く図る』をモットーにする住吉区の工務店です。

メールマガジンやってます!

高千穂 そとん壁W・薩摩中霧島壁講習

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市住吉区で居心地の良い家を、住まい手さんと一緒に楽しく作っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、居蔵です。

先日、内・外壁の左官の講習に行ってきました。
RIMG0056.jpg
今打ち合わせしているお客さんの内壁・外壁を、左官で仕上げるので
もう一度詳しい成分など知るためです。

RIMG0058.jpg   sotonn.jpg
まずは内壁。
石膏ボードのジョイントの割れをなるべく出さないようにする為にジョイントにテープを貼ります。
そして、ジョイントが乾いたら左官を塗ります。

塗ってる素材は、高千穂という会社の薩摩中霧島壁という材料です。

成分は火山灰のシラスでできていて、100%自然素材で消臭機能、調湿機能もあるみたいです。
中霧島壁←詳しくは
RIMG0062.jpg   RIMG0064.jpg
仕上げの方法は色々ですが、これは小さいほうきみたいなもので掃いて柄を付ける、はけ引きというやり方です。

RIMG0090.jpg
続いては、外壁のこれもまた火山灰のシラスでできている、そとん壁Wという商品です。
そとん壁W←詳しくは
RIMG0114.jpg  RIMG0099.jpg
外壁の仕上方法も色々あるのですが、これは描き落としというやり方で、剣山みたいな物を使って、
外壁を描き落とします。

RIMG0101.jpg  RIMG0102.jpg
描き落とした後、上記のようなハケで残りのカスを落として完成!

そとん壁は超長期メンテナンスフリーの商品なので、初期投資は高いですがメンテナンスがほぼ不要なため
後々コストが削減できます。

そしてなんといっても、左官は月日がたつにつれて、古くなるというよりいい味が出てきて
風合いもずっと楽しんでいけるので私はそこが気に行っています。

色々な商品があるのでこういった講習はものすごく勉強になった一日でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
大阪市住吉区で居心地の良い家を、住まい手さんと一緒に楽しく作っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です