いぐらぶろぐ

新住協関西 2018年1回目の勉強会 堀部安嗣先生登壇 2018.2.8 株式会社藏家

2018.2.8カテゴリ|新住協勉強会,新住協セミナー

新住協関西の始まりは、このお三方でスタートされました。

 

はい、居藏です。

今週の月曜日2018.2.5に今年第一回目新住協関西の勉強会がありました。

もう新住協に入会して何年になるんやろ・・・?

 

定かではないけども2013年ぐらいから参加してると思うので、もう5年!?

早いですよね・・・

そして今回はタイトルにも書きましたが、堀部安嗣先生をお招きしての勉強会でした。

 

そりゃ~もう、沢山の人・・・。

 

70人以上は参加されてました!

堀部さんは、里山住宅でダイシンビルドさんと組んでモデルルームを建てたのですが、その時に高断熱高気密を詳しく知り今では、全物件高断熱高気密住宅にしていると言ってました。

高断熱高気密をちゃんと知るまでは、そんな事をやってたら設計のできることが狭まってしまうと思ってたのが、なんと高断熱高気密にした家の方がより自然を身近に感じれるとおっしゃってたんです!

今までだと、北側は寒いからリビングは持って行かないとか2階は暑いからとか、そんな事を考えたりもしてたのですが、高断熱高気密にすることで温度が一定化するのでそんな事を考えなくてよくなり、プランの自由度が上がったと何とも嬉しいお言葉を♪

 

 

 

 

色々写真は撮りましたが、あまりアップするものでもないと思いますので竹林寺 納骨堂の作品を1枚だけ。

あるものを活かす。

自然の摂理に従う。

その土地で手に入るものでつくる。

特殊な技術で作らない。

 

素敵です♪

 

 

 

堀部さんが来られると言う事で、われらの大ボスでもあります鎌田先生もわざわざ来られておりました♪

鎌田先生、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

懇親会もいつもよりかなり多く、45人!!

さすが堀部先生。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP