いぐらぶろぐ

藏家では集成材の柱や梁は使わないのか?白蟻が怖いから?

2018.11.7カテゴリ|集成材の柱や梁は使わないの?,施工現場レポート

居藏です。
このタイトルのことですが、これは本当によく聞かれるんですよね。
くらやさんは、構造材などはどんなものを使っているのでしょうか?とか。
よくホームページを見ておられる方は、吉野杉・桧、紀州の杉・桧、熊野の杉・桧、河内材の杉・桧を使っているのを知っておられる方も居てます。

ただ、その中でも言われるのが、集成材の柱や梁は使わないんですか?

と聞かれます。

先に書いておきます。
もちろん構造的に必要な事もあるので使う場合はあります。

※このあとの画像で、白蟻被害の気持ち悪い写真がありますので閲覧ご注意下さい。

少し過去に戻りまして、私が26歳ぐらい~28歳ぐらいまで勤めていた会社は、分譲地ばかり建ててて、集成材の柱・梁を使っていました。
梁も米松がメインで、集成材と米松でした。

私はその会社を28歳で退社し、そのあと2社勤めて32歳で独立しました。

独立して数カ月後、その分譲地ばかり建ててる不動産会社が倒産したと言う事を聞き、仕事のなかった私はそこのお客さんに独立した事を挨拶して回りました。

すると1年経ったある日、その分譲地のKさんから電話があり家の中に白いアリがいてるから一度見てほしいと言われたんです。

訪問してみると、白蟻でした。。。

床下を潜ったり天井点検口から覗いて見ると結構な量の白アリが・・・
(ちなみにここのお宅は当時築5年程度です)

 

もちろん当時の分譲地は既製品ばかり使っているので、今私が作っている家とは全然違っています・・・

 

1階の天井裏を覗くと・・・・白蟻の蟻道(ぎどう)がたくさん・・・

調べてもらうと白蟻の種類は、イエシロアリという蟻。イエシロアリは水分がなくても家の上まで上がっていくんです。

 

白蟻やさん曰く、イエシロアリは家の中に巣がなく外にある為、まずは白蟻を全滅させないとそこにいてる白蟻だけを駆除しても一緒だという事でした。

そこで、白蟻にきく毒餌を大好きな米松の梁に取り付け食べさせていきました。

 

これ・・・わかります。。。かなりグロイですけども。。。白アリが毒餌を食べて土に変えて巣を作ってるんです・・・怖

これを何度も何度も繰り返しやって・・・

数カ月たってやっと数も減ってきて。
そろそろ建物の解体工事をしてもいいとシロアリやさんからGOをもらい解体することに。

床下や天井裏を覗くだけでかなりの被害だったので、Kさんには仮住まいをしてもらう事に。

 

米松の梁と集成材の梁がくっついている所。これを見るだけでかなりの被害がありそう・・・

 

そして解体当日。なんか玄関ドア横の石膏ボードがぶにょぶにょしてるなと思い叩くとボードがすぐに捲れて・・・

 

中には白蟻の分巣がつくられてたんです・・・気持ち悪い・・・・汗

 

それを取り出してみたのですが、こう見ると結構綺麗♪
こんなものをあんな小さいアリたちが作れるなんてすごいですよね・・・・
まぁ、そんな悠長なことを言ってる場合ではなく

 

先ほどの米松の梁を解体してみたのですが・・・
大きさは、105*210*3640。
通常は両手でしっかりと持ってかなり重たい梁が、片手で軽々・・・・汗
そして、中はスカスカ。
これをあの白アリが全部食べてるんですよ・・・

(ちなみにですが、この梁は白アリやさんが社内研修などで使いたいので持って帰らしてほしいと言われ持って帰りました・・・)

 

こちらは集成材の柱。この柱ももうズタボロ・・・
そして私のお勧めしないウレタンを吹き付けています(当時はそんなこともわかってませんでした)
⇓なぜお勧めしないかのブログはこちらに書いてます。
ウレタン断熱ブログはこちら

 

集成材の柱を食べながら上に登っていき、米松の梁を食い散らす・・・・ホントこれはかなりえぐかったです。

 

玄関タイル部分もなんかおかしいなぁと思い一部叩き割ってみると・・・・

 

何やら白い生き物が・・・

 

そう、大量の白アリ・・・・
ホント、本当に気持ち悪かった・・・・。

もうかれこれ6~7年前ぐらいの話なんですよ。

 

で、本題。
なぜ白蟻の話になったかというと。
集成材って、芯がないわけなんです。
⇓こんな感じですね。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 

そして私たちが使っている吉野杉や吉野桧、河内杉・桧など基本的にはは芯を持った材を使っています。


弊社施工:19HOUSE

この赤い矢印の部分を見てもらうとわかると思いますが、木の芯があります。

先ほど書いた被害にあったお宅も、土台は桧を使っていました。その桧の被害はどうかというと、ほとんど食べられてなかったんです。
芯があり、赤身で脂分が多い食べにくい木より、芯のない集成材は白アリにとってはごちそうなんです。

そしてもう一つ、芯があっても米松は白アリの大好物だそうです。
(これは白アリやさんに聞きました)

以上のことから、基本的には弊社では柱や梁になるべく集成材を使わないんです。

ただ、最初にも言いましたがなるべくなんですよね・・・・
何故かというと、集成材の方がどうしても構造計算上有利みたいで集成材を使わないと難しい事があるんです。

特に、木造で3階建てにする時は使う可能性が高いんです。

ただ、その中でもなるべく使わずにできる方法を考えて少なくしています。

集成材が悪いかどうかはわかりませんが、私は実体験としてこういった事があったのであまり使わないし、できれば使いたくないと思っています。

この文章を読んでるだけだと集成材が悪、無垢が最高。

とか見えるかもしれませんが、それは違います。

集成材にもいい所も沢山あるので、出逢う工務店さんの考えなどを聞いてどちらがいいかを決めるのは、家を建てるあなただと思いますよ♪

またまた、まじめなブログを書いてみたりしました。

 

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。

コメント

コメントはまだありません。

Comments are closed.



PAGE TOP