いぐらぶろぐ

兵庫県神戸市須磨区M様邸木のマンションリノベーション現場 20170502

2017.5.6カテゴリ|兵庫県神戸市須磨区M様邸,施工現場レポート,木のマンション リノベーション


家脛(いえはぎ)の中島です。
5/2までの兵庫県神戸市須磨区M様邸木のマンションリノベーションは
大工着工 墨出

床下設備工事

間仕切下地

乾式二重床

 

です。

大工工事着工日和な当日

大工さんが墨出をし始めました~

マンションの内装なので、

天気は工事に差し支えないですけど

気分はいいですね!

まずは、マンション本体からの

基準墨を出します。

 

そこから、実際の図面の寸法を現場に投影していきます。

この段階で、図面と現場との誤差も確認したりと

とても大事な工程です。

大工さんの墨をもとに床下の設備配管などを行います。

 

 

仕上がると見えなくなるところですが

仕上がりをイメージして必要な箇所へと仕込んでおきます。

 

 

 

 

外壁周りと床との取合壁の

間仕切下地を起こしていきます。

 

 

 

 

ユニットバスのスペースを逃げての設備配管と

間仕切下地が揃っています。

見えなくなるところも整然と納まっていると気持ちいいですね。

 

 

 

吉野杉のフローリングも

8階の現場へ無事搬入されました~

 

先行で起こす間仕切もキリが付きました。

 

 

竹村工業さんの乾式二重床を施工していきます。

 

 

設備を床上に出したり、墨を出したりと

見た目以上に神経を使う作業です。

 

 

 

 

既存の電気配線も整理したので

 

 

スッキリとしました~
藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP