マンションリノベーション 大阪市住吉区工務店 大阪市工務店 木のマンションリノベーション マンションリフォーム 木のマンションリフォーム 工務店大阪 注文住宅大阪 住吉区注文住宅  | 大阪市住吉区でお客さまとコミュニケーションを深く図る工務店「藏家」

いぐらぶろぐ

吹田市N様邸木のマンションリノベーション工事 大工工事から年末まで 2018.1.23 

2018.1.23カテゴリ|木のマンション リノベーション,施工現場レポート,吹田市N様邸

2018.1.23現在、現場は・・・キッチンを製作しております・・・。

 

 

はい、こんばんは居藏です。

吹田市のN様邸木のマンションリノベーションなんですけども、現場は大工工事もいよいよ今週で終わる!!って感じ・・・

でも、ブログは解体で止まってる・・・

 

ちょっとでも進めておかないと・・・

 

さて、解体工事も終わり、2017.12.4より大工工事スタート!

まずは、既存土間に墨を出していきます!

 

 

 

 

 

水道屋さんも給排水の仕込みを。

 

 

 

 

 

そしていつも荷揚げをお願いしているエビスさん。

竹村工業さんのジャストフロアやエレベーターに乗らない長物などを荷揚げしてもらいます!

 

 

 

 

 

ジャストフロアの1枚のサイズ453*1820*23mm 重さなんと・・・40キロぐらいあるんです・・・

 

ちょーおめー。

最初の頃は大工さんや、僕も一緒に荷揚げしてた事を思い出します・・・汗

いやぁ~、ほんまに荷揚げやさん助かります♪

 

毎回書きますが、ジャストフロアとは、床下地材に強化高圧木毛セメント板スラボーを用いた、安全・高性能の乾式遮音二重床なんです。

 

 

 

 

そして、エレベーターに乗らない長物は階段で・・・手上げ。

 

ちなみに、N様邸は12階・・・

 

 

 

 

 

もう手馴れたもんですよ♪(荷揚げ屋さんがですが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャストフロアを施工後、コンクリートに出した墨をジャストフロアに再び出します!

 

 

 

 

 

 

 

解体後の定例打合せ♪

設計のマスタープラン小谷さんと、N様ご家族と♪

 

 

 

 

 

そして、こちらもいつも使っている吉野杉のフローリング。

吉野の丸岡材木店さんでお願いしてます♪

幅215mm厚み30mm長さ1.8m程度

赤勝ち一等の吉野杉です!

1.8mで作ってもらう事でエレベーターにものせれるので、搬入はかなり助かります!

 

 

 

 

 

そして、仕分けをした後の写真。

赤勝ち一等で注文するのですが、中には大トロ(節がなかったり、小節ていどだったり)が混じってるんですよね♪

こうやって養生をすべてあけて、振り分けます!

 

 

 

 

 

 

 

間仕切りが来るところに、これまた国産の杉のLVLを打ちます。

 

 

 

 

 

 

天井の下地。

既存のコンクリートに釘を打つと構造体に傷をつけることになるので、なるべくそれはせず矢印部分の所ですが、

ボンドでしっかりと固定してるんです♪

 

 

 

 

 

 

壁の間仕切りも徐々に出来てきてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスの設置に、リクシルの方に来てもらい採寸!

 

 

 

 

 

 

 

先ほど仕分けした吉野杉のフローリング。

玄関入ったメインストリートには大トロを選びます♪

 

 

 

 

 

全貌はまた洗い工事の日まで見れないですが、こういった細かい気配り(木配り)、心配りがいい家になっていくんですよね♪

 

 

 

 

 

 

ひとまず、年内はここまで完了してます~

 

さぁ・・・続きいつ書こ・・・

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉やじゃないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP