19HOUSE 木の家新築工事 GL調査 2017.3.2 | 大阪市住吉区でお客さまとコミュニケーションを深く図る工務店「藏家」

いぐらぶろぐ

19HOUSE 木の家新築工事 GL調査 2017.3.2

2017.3.2カテゴリ|木の家新築,19HOUSE,施工現場レポート

覗いてます(;・∀・)

 

 

はい居藏です。

大阪市で新築を予定しているG様邸の既存の土地のレベルチェックを今日は朝からしました。

 

 

間口5.5m奥行18mと縦長の土地とい号。

 

 

 

 

レベルを覗いて、スケールの寸法を読みます。

 

 

 

小雨が降ってたので、傘をさしながらのレベル調査。

 

 

 

さすが大阪市内の物件。

境界からお隣までが380mm。

 

 

 

今お隣に建築中のDハウスさんの賃貸物件。

そのフェンスの高さをチェック。

 

 

正面はブロック3段、奥は1.5段しか見えない。

 

 

 

ブロックの高さが1枚200mmなので≒250mmぐらい奥の方が土地が上がってそうなのが目視でもわかりますね。

 

まぁ、レベルを取ったのでそれで見たら結果240mmでした。

これを元に、基礎の深さや基礎のベース天の高さを決めていきます♪

 

 

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉や、臓家じゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP