いぐらぶろぐ

大阪市都島区A様邸木のマンションリノベーション工事 資材搬入 木下地 浴室工事 造作工事 造作家具工事20171215

2018.1.31カテゴリ|木のマンション リノベーション,施工現場レポート,都島区A様邸


家脛(いえはぎ)の中島です。
10/31~12/15 木工事完了までの

大阪市A様邸木のマンションリノベーション工事は

 

資材搬入

木下地

浴室工事

造作工事

造作家具工事

です。

マンション現場の搬入は、いつも荷揚げのプロ”エビス”さんにお願いしています。

エビスさんの秘密兵器?!ポニー(台車です。)

3×6サイズの板材がほとんどエレベーターに積載したまま入ります。

室内へは人力で!

 

 

はい!

このとおり

 

タイミングを見計らって橘商店さんも

米栂材を搬入~

 

はい!

このとおり

 

3M材は、階段でリレーして揚げていっていますっ

 

 

資材も揃ったところで

 

 

ドンドン

下地を起こしていきます。

 

断熱改修箇所は断熱材の部屋内に下地を起こしていきます。

 

 

浴室の間仕切を起こして。

 

 

 

 

ハーフユニットバスを施工

 

 

 

 

 

上半分を大工工事作っていきます。

 

 

 

 

 

浴室なので、防湿フィルムで防水していきます。

 

 

天井面は杉板をボンド張りするので胴縁を取り付けます。

 

 

 

 

 

実は、アルミのレールの手前と奥は

違う板を張ってるんですよ~

大工さんが木目と色味を合わせてくれましたっ

 

 

 

壁はタイル下地に

アクアパネルを張ります。

 

テーパー加工された米ヒバの入口枠も

キレイに納まってます。

 

浴室の大工工事は完了です。

 

 

 

 

天井下地も進めていきますよ~

マンション現場特有の不思議な光景

天井近くの壁面の木材が取り付けるもので柱のようなものと

腕木のようなものはボンドが乾くまでの仮の突っ張りです。

そこへ天井下地を組んでいきます。

 

 

 

天井下地と同時に引き戸のレール溝も

取り付けていきます。

 

 

 

 

天井のプラスターボードを張っていきます。

面が出来てくると、

出来てきたかのように見えますが

 

 

まだまだ、工事はつづきます

 

 

玄関入ってすぐに土間・杉床から天井までベニアを張ります。

逃げの少ない仕事ですね~

 

 

 

 

そこへ斜めな玄関框もささってきます。

 

 

 

 

 

洗面の雇い実加工された側板は配線しながら立てていきます。

 

 

最後にクランプで圧着!

 

 

 

トイレのカウンターの取り付け

 

 

その上にも

 

 

廊下の収納下地を組んで

カウンターを仕込んで

 

はい!収納です。

 

 

玄関に網戸の建具枠を付けます。

 

 

こちらには、玄関収納を

 

 

寝室の造作工事も進めていきます。

 

 

こちらにも雇い実加工された側板を立てていきます。

 

 

こうなります~

 

 

そこへ鴨居もささってきます。

 

 

廊下側と

 

 

寝室側のプラスターボードを張れば

このあたりの大工工事も、もう少し

 

リビング掃き出し窓の建具枠と戸袋が取り付け完了~

 

 

ココが

 

 

開きます!

どうしても点検口を付けないといけなかったので

大工さんに、出来るだけわからなくしてって

お願いしたら、こんな感じに仕上げてくれました。

このあたりはウォークインクローゼットになります。

 

 

まだ、どうなるのか見えてこないですね

 

 

枕棚の取り付けをして~

 

 

 

 

 

間仕切かと思いきや

 

 

棚が出来てきましたね~

 

 

 

 

 

家具みたいな間仕切り壁の出来上がり~

 

 

キッチン背面のワークスペースの側板がおきました。

 

 

引き戸の下地もしっかりと

 

 

 

 

 

キッチン収納のカウンターも納まってます。

 

 

吊り戸棚も付くと

形が見えてきますね。

 

 

 

 

細部はこうなってます。

 

 

可動棚や

引き出し金物が取り付けられると

出来てきたな~って感じですね。

 

 

 

 

前板と引手金物も取り付けて

 

 

キッチンも完成~

大工工事も完了~

です。

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP