いぐらぶろぐ

狭山のW様邸 20161112

2016.11.12カテゴリ|大阪狭山市W様邸

家脛いえはぎの中島です。

今週の狭山のW様邸マンションリノベーション現場は

玄関造作と吉野杉の天井板張り(名栗手摺のあるニッチも!)

サブスペースな家具造作とプラスターボード張り

寝室の天井裏収納の木下地

です。

2016-11-07-15-28-35

見込みの深い玄関枠が付いています。

2016-11-07-15-28-15

2016-11-07-14-46-12

今回は網戸がここに引き込まれます。

マンションは玄関を空けると風通しがいいですものね~

2016-11-08-15-48-14

玄関ホールの天井裏は収納となっています。

2016-11-08-15-48-24

一間以上あるので間仕切を付けて床の垂れを防ぎます!

2016-11-08-15-48-35

2016-11-08-15-55-59

戸当たりなしの納まりなので

化粧合板に直接鴨居を取り付けています。

2016-11-08-16-08-40

その並びに吉野杉の天井板を張っていきます。

鴨居と杉板がぴっちり付いています。

2016-11-08-16-09-08

天井板がある程度張れたところで、

一旦ストップ!

2016-11-08-17-04-04

何やら名栗の材に仕事をし始めました。

2016-11-08-17-01-58

床にもさっきの名栗に付けたホゾが入りそうな穴が

掘られています。

2016-11-08-17-02-05

準備ができてまた杉板張りを再開しました~

2016-11-09-11-06-18

張り終わるとすぐに名栗の手摺が取り付けられました~

2016-11-09-11-06-25

しかもピッタリと!

この段階では一切調整せずに納めてますっ

2016-11-10-14-35-31

そこに変わった角度のニッチの膳板がサクッとささってます。

2016-11-10-15-40-48

名栗の柱もニッチの膳板も

もちろん適当ではなく図面で寸法指示があります。

2016-11-10-15-40-57

膳板の角が名栗の柱芯になっているんですが、

納まっているところを見ても、どうやって墨を付けたかわからないですね~

2016-11-09-11-20-02

廊下には本棚も作られます。

2016-11-09-11-20-08

間仕切壁の懐を利用した
家具みたいな壁ですね。

2016-11-11-14-15-32

ベニア関係も張っていっていますよ~

2016-11-11-14-18-28

プラスターボードも

バシバシ張られていきます!

2016-11-11-14-18-42

出来た感が増します。

2016-11-07-14-41-59

2016-11-07-14-43-31

洗面脱衣室の大工工事は

ほぼ完成しています。

2016-11-07-14-43-14

順番に片付いてきますね~

2016-11-12-15-30-36

工程に合わせて

現場も模様替え!

2016-11-10-14-43-01

この現場の山場とも言える寝室の下地に取り掛かっています。

壁もなんだか出入りがありますね。

2016-11-10-14-43-38

普通の天井下地とは違った感じで組んでいっています。

2016-11-10-14-44-14

2016-11-11-13-54-37

しっかりとした組み方をしていますね。

まるで押入の棚みたいです。

2016-11-11-13-54-21

天井面ではなく上にヒノキ合板が張られました。

2016-11-11-14-16-32

お察しの通り

天井裏の収納なんですね~

2016-11-11-14-16-49-1

こんな感じです。

2016-11-11-14-16-53

2016-11-12-15-19-27

蓋の下地も出来ました~

2016-11-12-15-21-07

1枚では大きいので2枚に別れています。

下地だけどキレイに出来ていますね~

2016-11-12-15-28-32

あれれ
寝室から路線変更!?

出来た下地に電気配線もしてっと。

2016-11-12-15-28-43

2016-11-12-15-29-06

カウンター材の準備も!

(マンションの現場は巾広の長物は搬入が困難だったりするので、

ハギ板部材を現場で一枚にしてもらいます。)

寝室の造作をすすめるにあたって

取合のあるTVボードも並行して進めているようです。

仕上がりの状態から工程を紐解いて

一番取り付けやすいタイミングで部材を取り付けていくのが

キレイに早くする方法なので、見た目には脱線しているようでも

大工さんの頭のなかでは一本につながっているようです。

その箇所箇所でキレイに納める技術も大切ですが、

現場をスムーズにキレイに進ませる技術は見えにくいですが

すごく大事だと実感させられますね~

来週は寝室が、ほぼ仕上がってる予定です!

 

 
藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉や、臓家じゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP