いぐらぶろぐ

狭山のW様邸 20161001

2016.10.1カテゴリ|大阪狭山市W様邸

今週は、断熱改修から乾式二重床施工

木下地少々を進めました。

2016-09-27-10-59-23

乾式二重床施工の前に床下部分の断熱改修を行います。

2016-09-27-11-00-55

今回は、フェノバボード25mmを使っています。

2016-09-27-11-00-22

サッシ下はモルタルを詰めていたりで不陸が大きいため、ウレタンスプレーで吹き付けています。

2016-09-27-11-09-37

断熱材などの接着用の速乾ボンドを両面に塗布して

貼り付けていきます。

2016-09-27-11-09-44

塗布してから表面が若干乾くまで

待ちます。

2016-09-27-11-36-54

よく圧着して、貼り付け完了です。

2016-09-27-21-13-29

断熱材を貼り付けたあとに木下地を起こしていきます。

2016-09-27-21-13-33

竹村工業さんのジャストフロアー(乾式二重床)を施工していきます。

2016-09-27-21-13-39

この工程で、現場内の反響音も

下階へ音も軽減されます。

2016-09-27-21-13-43

現場で言うことろの

「りゃんこ張り」で張っていきます。

2016-09-28-11-01-15

キリの良いところで張ってレベルを決めていきます。

「ここは、もう乗ってもいいよ。」

と言われてから、乗ってみます。

2016-09-28-11-02-08

現場内の足元が良くなっていきます。

2016-09-28-11-31-23

この状態は、近づくのも禁止です。

倒すと大変です。

2016-09-28-22-06-29

設備関係の床下の逃げも

上手くいきました。

2016-09-28-22-06-21

キッチンの排水も勾配がギリギリ取れるように

高さ調整してくれました。

余裕を見て床を上げすぎると、天井高が取れなくなってくるので

「ちょうどええとこ」を狙っていきます。

2016-09-28-22-06-34

いい感じに納まりました。

2016-09-29-11-48-47

スラブに打った墨も順次上げていきます。

2016-09-29-11-48-59

暗号のような印がアッチコッチに。

2016-09-29-11-49-30

仕上がりの材厚も書き込まれていきます。

2016-09-29-11-50-06

トイレの排水芯がずれていたのでやり替えてもらいました。

2016-09-29-23-04-05

乾式二重床の基準レベル部分が完了です。

2016-09-29-23-04-08

とりあえずの仕事はほぼありません!

仕上がりから逆算されたところに納まってます。

2016-09-29-23-04-17

下地なので隠れてしましますが

ピシッとキレイです。

2016-09-29-23-04-26

現場の景色が変わっていきます。

2016-09-29-23-04-28

2016-09-30-16-16-12

杉のフローリングも搬入されて、

床張りの準備に入っていきます。

2016-09-30-16-16-32

2016-09-30-16-28-17

先行して床上げ箇所の木下地を起こしています。

2016-09-30-16-28-35

浴室周りの木下地まで起こしました。

来週は杉のフローリングも張る予定です。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP