いぐらぶろぐ

大阪府交野市 K様邸木の家新築工事 基礎一体打ち工事 20170920 くらや

2017.9.20カテゴリ|木の家新築,交野市K様邸,施工現場レポート,交野市K様邸基礎一体打ち工事,藏家の新築時における基礎の事

家脛(いえはぎ)の中島です。
9/20までの大阪府交野市 K様邸木の家新築工事は

基礎工事

水道配管工事

足場工事

垂木加工

 

です。

 

 

 

捨てコンの上に墨出しをしていきます。

この墨で家のカタチが決定するので、

真剣勝負ですね。

 

 

 

 

 

 

建物の芯墨

基礎の面墨

現場の記号が決まってるみたいですね。

墨に合わせて仮枠を建てていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

外周ぐるりを建てたら

配筋をしていきます。

 

 

 

 

 

配筋をして内側の仮枠を建てて

配筋検査をうけます。

 

設計の多田先生にも立ち会っていただきました。

 

 

配筋検査 合格ということで

コンクリートの打設を行います~

 

今回も

もちろん土間と外周の立上りを一体打ちしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

養生期間を置いてから

仮枠を外します!

キラ~ン あらわしの基礎もキレイに仕上がったんじゃないですか!

間仕切りの基礎も組んでいくのですが、

その前に、鉄筋についたコンクリートだったり

 

土間表面のレイタンスだったりを除去していきます。

 

 

キレイにしてから仮枠を建てていきます。

 

 

 

 

 

そして、コンクリートを打設します。

 

 

しっかりとバイブレーションもあてます~

 

 

仮枠を外して基礎

完成!

 

と思いきや

縁のバリ取りまでキッチリしてくれました~

ちょっとしたことですが、後の仕事がやりやすくなります。

 

 

 

足場が立つ前に外周部の水道配管をしておきます。

 

 

 

 

 

先行足場が組まれると

いよいよ な感じになってきますね。

 

 

 

 

きっちりプール状態になっているな~

と、基礎の一体打ちがうまくいったことを確認して

 

土台引き前日なこの日

やっぱり水は基礎の外へ出していきます。

 

 

 

 

そんなこんな、現場が進行している中

 

 

弊社作業場では、大工さんが垂木の加工を行いました。

 

 

 

 

 

転び止めも準備万端

いよいよ、建てますよ~

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。

 

 

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉やじゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP