いぐらぶろぐ

石井修先生が設計された40年ぐらい前のお宅の門扉と駐車場格子などを作らせて頂きました 2018.5.25 くらや

2018.5.25カテゴリ|木の格子・ステンレスの門扉の製作,くらやのこだわり,造作家具

電気錠付きの特注門扉を作らせてもらいました♪

どうも、いぐらです。

これも、結構前の物件で2014年11月頃なのですがちょっと変わっている工事だと思うのでブログに残しておこうかなと思います♪

元々こんな感じのアプローチでした。

玄関はこの階段を上がった2階部分。

そこまで誰でもすんなり入れるのが用心が悪いという事で、ご依頼いただきました。

そして、タイトルにも書きましたがなんと!!こちらの建物はあの石井修先生が設計をされた建物だったんです(*´з`)

お弟子さんには

 

と名だたる先生方・・・汗

その石井修先生が手掛けた物件に携われるこの幸せ。

ちなみにですが、内部はよその工務店さんが施工されたみたいで弊社は一切いじっておりませんが・・・汗

こんな感じのオープンなアプローチ。

 

イメージとして、こんな感じにしたいな~って。

横の縦格子の柵がありそこの雰囲気を変えないようにした方が新しく施工しても邪魔にならないかなぁって思って。

デザインと製作は、神戸にあるaizaraの山中さんに依頼♪

 

そして、着工!

まずは、煉瓦ブロックのハツリ、穴掘りから。

 

他の煉瓦ブロックに傷がつかないように、マスキングをします。

 

 

ハツリ機を使って撤去していきます。

 

 

両サイドに支柱を埋めるため深く掘ってます。

 

支柱を立てて固定。

 

そして、扉も設置!

色は横の格子の色に合わせてもらうような色を選びました。

 

横とそんなに色の違もなく違和感なし!?

 

足元の煉瓦ブロック以外は完成!

 

あらかじめ、同じようなサンプルを取っていた煉瓦ブロックを使って復旧!

 

おぉ~♪

ほとんどわからないぐらいになりました!

 

無事、電気錠付き門扉の完成♪

 

そして、門扉と同時に裏の駐車場の格子もご依頼頂いてました。

 

既存は、こんな感じで、横も後ろも緑のネットで囲ってました。

 

そして正面は、こんな感じの格子。

この格子が、スイングする感じで開くんです。

その駐車場の横と後ろを何か考えてほしいと・・・

 

石井修先生が設計したであろう格子のスイングゲートの寸法を採寸。

 

 

 

まずはこの寸法を基準に図面を書く事に。

そして、その図面をもとに大工さんに現場採寸を。

 

 

ここで登場♪

四条畷の木又工務店、木又棟梁!!

彼とはかれこれ20年の付き合い( ゚Д゚)

 

格子が付く所の詳細を採寸。

 

ひとまず採寸も終わり、木又君には自社加工場で作ってもらう事に。

後日。

ほぼできたで~♪という事で、四条畷の作業場に。

 

 

 

 

 

おぉ~♪めっちゃ出来てきてる~

ちなみに、材はタモを使って作ってもらってます。

で、なんで僕が木又君の作業場までわざわざ行ったかというと。

 

格子を組む前に、塗装をする為だったんです♪

塗料は、いつもよく使うウッドロングエコ。

 

塗ります!

 

 

塗って乾かして、2回塗り完了!

 

そしてまた後日、現場取り付けに♪

 

加工、塗装した材を現場搬入。

 

横と後ろにある緑のネットをまずは外します。

 

 

格子の縦に使う材の足元。

これも特注でステンレス製で作成♪

 

土間が勾配になってるので、ステンレスの沓金物で高さを調整。

 

現場で格子組み!

 

 

 

高さを調整しながら半分設置。

 

格子も無事設置完了!

土間の勾配に合わせながらの設置は結構大変でしたが綺麗につきましたね♪

 

正面のゲートをおろしてみる。

格子のサイズをほぼ合わせてるのでサイズ感は違和感ないかなぁって思うけど、色はどうしようもない。

でも、ウッドロングエコを塗ってるのですぐに近い色になるはずです♪

 

設置後、最後にもう一度ウッドロングエコを塗布。

 

2016年5月ぐらいの写真。

結構なじんでるんじゃないでしょうか?

 

 

 

結構正面の格子の風化具合に似て来てます♪

 

 

 

そしてもう一つ。

駐車場の後ろのネットと扉を撤去すると用心が悪いのでここにも扉を付けたいと。

 

 

結構狭い所をほらないといけない・・・

 

無事設置♪

 

こちらも、デザイン製作はaizaraさん♪

 

 

色も駐車場の鉄骨に塗っている塗料と同じような色に合わせてもらいました♪

変わった仕事でしたが、完成すると達成感がかなりありますね!

石井修先生設計の物件に少しでも携わらさせて頂けるなんてこんな光栄なことはなかったです。

 

あまり主張せずに、元々あったようになればいいなと思いましたがそうなったんかなぁ。

日々勉強です。

 

 

 

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉や、臓家じゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

Comments are closed.



PAGE TOP