いぐらぶろぐ

注文住宅の依頼先の決め方  株式会社藏家(クラヤ) 2018.2.27

2018.2.27カテゴリ|注文住宅の依頼先の決め方,知って得する話

注文住宅ってどんなところに頼めば、どうしてくれるの?

 

 

はい、いぐらで~す。

さてさて。

皆さんは注文住宅ってどういった建物を想像されますか?

たとえば、

ハウスメーカー(パワービルダー)さん。

弊社みたいな地域の工務店。

建築家(設計事務所)さん。

 

 

さて、上記の方たちはみんな注文住宅をうたってる所がほとんどだと思います。

でも実際依頼をすると注文住宅ではない?というか、フルオーダーではない所は沢山あるんですよね。

 

まぁ、私なりにそれぞれのメリットデメリットを書いてみますね~

 

ハウスメーカー(パワービルダー)さん

特徴

販売する住宅のデザインや間取りなどの設計を事前に行っていてブランド化している。

部材を大量調達し、全国の下請けの工務店に施工を依頼する。

メリット〇

品質が一定でムラがない。

完成品のイメージがしっかりしているので選びやすい。

工法によるが、スピーディーな対応で工期が短い。

デメリット×

メーカーによって工法が制限される。

標準仕様にない部材やプランの対応には、対応できない場合がけっこうある。

材料の寸法に基準があるので、変形敷地には向かないことがある。

こんな方に向いている

安定した品質を求めている方。

工期が短い方がいいという方。

住宅メーカーのブランドが好きな方。

 

 

建築家(設計事務所)さん

特徴

建築家が設計を行い、施工は別途、工事請負契約を結んだ工務店が行なう。

お互いに話し合いながら、一からプランをつくり上げていく。

敷地の条件や予算、法規制などさまざまな条件にも柔軟に対応してくれる。

メリット〇

デザインの自由度が高い。

工事監理を委託することもでき、厳しくチェックしてくれるので、安心感がある。

デメリット×

相性のいい建築家と出会えるかどうかわからない。

作風や考え方がさまざまなので、しっかりすり合わせをして発注する必要がある。

設計期間が長いこともあるため、家づくりの期間を多めにみておく必要がある。

こんな方に向いている

ライフスタイルに合った、自分だけの個性的な家を希望している方。

住宅づくりに妥協したくない方。

 

 

 

町の工務店

特徴

地域の気候風土を十分理解しているため、その土地での経験を活かした家づくりが可能。

地元で長く営業している工務店であれば、小回りの利くアフターケアも期待できるる。

↑ちなみに弊社は、まだ地元で8年しかしてないので・・・当てはまらない(;・∀・)

メリット〇

小回りがきくので、自分たちの意見を反映させた自由度の高い家作りが期待できる。

地元の工務店であれば、入居後のメンテナンスについても気軽に相談できる。

中間業者が少ないため、コストダウンの相談をしやすい。

デメリット×

工務店によって、技術力や提案力大きく差がある。

対応できる工法には、ある程度限界がある。

こんな方に向いている

自分のこだわりやアイデアを設計に活かして、思い通りの家を建てたい方。

その土地の気候・風土にあった家を作りたいと考えている人。

 

 

まぁ、ざっとこんな感じでしょうか?

これを見て、どんな所で頼むとどんな家が建てれるのか?信用できるのか?

少しでも参考になってもらえたらと思います♪

藏家のFacebookページはこちらからご覧になれます。
スマホアプリの方。
Web・PCの方。

藏家です。くらや。蔵や、蔵屋、倉やじゃないよ。

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

お名前

メールアドレス

URL



PAGE TOP